2007年11月17日

Algorithm Design

アルゴリズム論の教科書というと Algorithms in CIntroduction to Algorithms が定番ですが,最近知った Algorithm Design という本がとても面白いです.貪欲アルゴリズム,分割統治法,動的計画法といった基本技法が,いかに幅広い問題に適用できるかということが,とにかく豊富な例を通じて力説されています.また,著者がネットワークフローの大家であることもあって,ネットワークフローの章が充実していて,ネットワークフローがいかに色々な問題に適用できるかが,これまた豊富な例を通じて主張されています.面白い例としては,「野球のリーグ戦で,現在の各チームの勝ち数と,各チーム間の残り試合数がわかっているときに,あるチームが優勝できる可能性が残っているか」という問題が,ネットワークフローの問題として定式化できることが紹介されています.

興味のある方は図書館などで一度見てみると面白いかもしれません.
posted by ymtasu at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67033016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。